空腹時だと酵素が新陳代謝のために働く余裕がある

空腹時だと酵素が新陳代謝のために働く余裕がある

空腹時だと酵素が新陳代謝のために働く余裕がある

ダイエットの基本といえば、運動と食事だと思います。でもどうせ運動をするのなら、食事との組み合わせでその効果を高めたいものです。

 

それでは、ダイエット効果を倍増させる為の酵素の活用方法をみていきましょう。

 

ダイエットの代表的な運動といえば、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だと思います。

 

長い時間続けることが脂肪燃焼に効果的なのは知られていますが、同じ運動量でも、脂肪の燃焼効率が変わることがあります。ダイエットに効果的なのは、満腹時より空腹時に有酸素運動をすることです。

 

食べた直後は、体内の酵素が食べ物を消化する為の消化酵素として働くので、脂肪を代謝する余裕がなく、食後すぐに激しい運動をすると、消化に必要なエネルギーを身体を動かすのに使うので、消化効率が落ちてしまいます。

 

空腹時だと酵素が新陳代謝のために働く余裕があるので、脂肪が格段に燃えやすくなります。激しい運動を短時間に行うのではなく、軽い有酸素運動(ウォーキング、ジョギング、ゆっくり泳ぐ等)を最低30分、出来れば60分以上続けて行うことが望ましいとされています。

 

時間帯だと、朝食を食べる前の早朝がお勧めになります。長時間の睡眠の後なので空腹の状態にあり、脂肪の燃焼がしやすくなっています。運動後、食事をしっかり食べてもその後の活動時間が長いので、太りにくくもなります。

 

同じ量を食べても筋肉量の多い人は、少ない人よりも太りにくいです。それは、何もしなくても筋肉自体がカロリーを消費してくれるからです。筋肉がつくと、自然と普段の生活の中でも動きが軽くなり、運動量が増えます。背筋や腰の筋肉を鍛えると姿勢も良くなり、姿勢維持のために背筋などが常にエネルギーを消費するので痩せていくという好循環が生まれます。

 

そんな筋肉を作る材料がタンパク質で、肉・魚・大豆製品に多く含まれ、ご飯やパンなどの主食にも多く含まれています。ただ、タンパク質が含まれた食事をしても、筋肉が作れないと意味がありません。そこで活躍するのが「タンパク質分解酵素」になります。タンパク質分解酵素は野菜だとタマネギなどに入っています。タンパク質分解酵素が間に入ることで、食事で摂取したタンパク質を体内で分解させ、筋肉として合成するのです。

 

運動と食物酵素で強化した筋肉で痩せ体質を目指しましょう。

 

おすすめの酵素ドリンクはお嬢様酵素です。お嬢様酵素の飲み方


ホーム RSS購読 サイトマップ